スポンサーリンク

漫画家、アニメーターそしてイラストレーターとコミックデザインに関わる業務は多々あります。

イラストレーターは漫画家以上の「画力」と「センス」を必要としていたイメージがありましたが現在はその登竜門が広くなった?と感じています。

漫画家は賞を取る、もしくは持ち込み等で担当の目に止まりそこから掲載→連載という順序が主ですが…イラストレーターはどうでしょう?

 

今回はそんな「イラストレーター」について考えて行きたいと思います。

金銭やコツより登竜門が広くなった今だからこそ頭に入れておきたい事を優先で進めさせていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

イラストレーターになるには?

イラストレーターは絵を描くお仕事です。

昔でしたら出版社等に描いたイラストをまとめたファイル「ポートフォリエ」を作成し持ち込む…というのが主流でした。

現在も持ち込みは出版社の方と顔を合わせる事にもなりますし直に意見を頂けるので有効だと思います。

他にはイラストレーターを募集しているサイトに応募する、公募サイトで定期的に募集されるコンテストで賞を取る…という手も有ります。

コンテスト等で賞をとれるという事はそれだけの実力があると証明が出来るので自分を売り込む時にも有利です(賞金も入りますし)

 

「クラウドワークス」や「ランサーズ」等のマッチングサイトでもイラストや漫画の募集がありますのでそこに登録し仕事を取るのも良いと思います。

ですが、私もマッチングサイト利用をしているのですが…考える事が多くなってきました。

その考える事については後に触れさせていただきます。

 

 

どんなイラストを描く

イラストと一言で言っても様々な「イラスト」が出てきます。

その中でまず自分がどんなイラストを描きたいかを重点的に考えるのが良いです。

広告や雑誌の細かい挿絵

 ニュースサイト等のイラストカット

 ソーシャルゲームのイラスト

 フリー素材用のイラスト…と他にもまだまだ在ります。

 

ここは個人的には自分の欲に任せても良いと思います。

スポンサーリンク

エッチなイラストが描きたかったらエッチなイラストが関わる仕事にどんどん進んで大丈夫です。

 

描きたいイラストが決まっている、もしくは決まったならばその応募先が求めるイラストは自分が描ける!!というアピールをしたポートフォリエを作成して持っていきましょう。

 

応募先に見せる自分の作品集ですが「応募先に合った作品まとめ」を作成する…という事を忘れずに。

エッチなイラストを求めている企業に恥ずかしいからと言ってファンシーなイラスト作品をまとめて持っていっても大体帰されるだけだと思いますし。

 

イラストを募集している企業も「欲しいイラスト」がありますのでその欲しいイラストを持っていく事が大事です。ですので、自分のやりたいという気持ちに忠実になるのが一番良いと思っています。

 

 

まず注意すべき事

イラストレーターの登竜門が広くなった分の「落とし穴」も複雑になっています。

一番はイラスト一枚の「価値」です。

 

イラストの相場は本来ならば小さいカットの場合

モノクロならば3000円~5000円

カラーならば5000円~10,000円が相場です。

プロの更に売れているイラストレーターさんの場合はもっと上がりますが基本的にはこれくらいだと思います。

その分、それに見合ったレベルやセンスが求められる…という意味でもあります。

 

 

現在ではイラスト受注は昔よりもかなりとり易くなっています。

コンテスト受賞経験が無くても、クラウドワークスやココナラ等を捜せば様々な依頼を選ぶ事が出来ます。

最初にも触れましたがこの気軽に探せる場で色々と考える事が多くなりました。

 

出版社や専門にイラスト発注を行っている方であるなら問題はありません。

そういったマッチングサイト等でも設定された報酬額が高い、もしくはデザイナーの希望金額を払う等の対応をしてくれます。

 

残念ながらそういう方は少数で、気軽に依頼が出来るマッチングサイトでの多くはクライアント側がイラスト発注をするのが初めて、もしくは経験が浅いという場合があります

それの何が問題?となりますが大きな落とし穴があります。

 

初心者の方に多く見受けられるのが「イラスト一枚の相場が高い」と判断してしまう事でしょうか…。「イラスト1枚に3,000円なんて払わない」と言われた事も有ります。正直そういう方はイラスト依頼なんてなさらずに自分で描くかフリー素材さんから持ってくれば良いと思っています。

それくらい軽視してイラストを気軽に発注するクライアントさんが増えてきているという事です。

 

ですが、金額だけでしたら、「安価での依頼」を重々に招致した上で納期以外ならば殆ど口を出さないクライアントさんもいらっしゃいます。

ここは、色々意見がありますがイラストをポートフォリオに使っても良いか?仕事実績として描いても良いか?等の条件を出した上で受けてもいいかなとは思います。

個人意見なので金額はしっかりしたに越した事はありませんが安価での依頼をしたうえでやり直しが多い、更には権利を全て寄越せという場合もありますので…多少でも自分の有利に事を進める事が出来れば…と思います。

 

イラストの相場も大事ですが…こういうクライアントは注意して欲しいという事を一つだけ上げるとしたら(他にも上げたいですが今回は一番の)

 「連絡が遅い」ですね。

 

個人的な感想ですが、質問した事への回答が一週間以上掛ったらその間の作業は止まります。何らかの理由で「報酬」の振り込みが遅れる場合でも何の連絡も寄越さない。イラスト提出後かなり時間が立ってから駄目出しをする…と金額が安い以上に「連絡が遅い」場合ストレスになります。

連絡が早ければその分作業進行はスムーズに行きます。報酬が止むを得ず遅くなる場合でも事前、もしくは少しでも事後に連絡が入れば納得は行きます。

直してほしい場所があればすぐ言えばそれだけお渡しをするのも速くなります。

それだけ、連絡の取り合いは大事でそれを怠る人は信頼が出来ないと感じました。

 

クライアントさんには様々な方がいらっしゃいます。当然、初心者の方でも誠意にやり取りしてくれる方ならば問題ありません。そういった方は安価依頼でも出来るだけ報酬を上げようとしてくれます。そして何より連絡が早く必要な資料もすぐに提示をしてくれます。

そういった方ならばこちら側からもスムーズに行くように心がけます。

 

特にネット上でのやり取りが出来る機会が増えているので「連絡」がお互いの信頼を確かめる一番の手段で一番目に付く場所だと思います。

 

当然、依頼を受ける側デザイナーも連絡はこまめに行わないと信頼は失います。イラストがトラブル等で納期が遅れる場合は「遅れる」事、気になった事等はしっかりと連絡を取り伝えましょう。

顔の見えない部分だからこそ慎重になるべきだと思います。

 

 

まとめ

様々な方法やルートでクリエイターとしての仕事を得る事が容易になったからこそ落とし穴も多いです。

この依頼を断ったらもうイラスト依頼なんて来ない!!と思って悪条件を受ける事はありません。断って自分にとっての良い依頼主を出あえるように進めれれば…と思います。

 

今回マッチングサイトさんでの落とし穴にもなってしまいましたがマッチングサイトさんでのメリットも多くあります。次の機会ではそういった事が話せれば良いなと思います。

 

ココまでお付き合いありがとうございます。

マッチングサイトで仕事の依頼を受けるメリットは?



萌え絵の描き方はこちら

↓あなたの特技を活かしませんか?
お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

★ヒューマンアカデミー★
※イラスト・キャラクターデザイン講座あります☝︎

☆ゲーム用パソコンならドスパラ!☆

スポンサーリンク