↓↓↓↓↓↓↓↓
イラスト・マンガ学科あります【アミューズメントメディア】

スポンサーリンク

デジタル媒介でのイラストを作成するツールで思いつくのは…まず、このサイトでメインに紹介している「CLIP STUDIO」。そしてフォトショップ、イラストレーター等々と定番なソフト、そしてアルパカやピクシア等無料ダウンロード可能なソフトと様々なモノがありますね。

 

そして、忘れてはならないのはクリスタやフォトショのように高額でも無ければ無料ダウンロードソフトという訳でも無い…絵描きさんでは愛用している方が多い有料ダウンロードソフト「SAI」の存在です。

 

今回はこの「SAI」について色々と見て行きたいと思います。…と言いつつも私はSAIをあまり使用した事がありませんのでまず基本的な事に重点を置かせて頂きます。

 

それではどうぞお付き合いをよろしくお願い致します。

 

SAIって?

SAIは「SYATEMAX」という会社からリリースされたペイントツールです。パッケージ版は無く、公式サイトより配布されているダウンロード版のみ…となります。

 

動作環境は

 

対応→Window7,8,8.1,10(XPや2000、Vistaにも対応しています)

メモリ→1GB以上

HDD空き容量→512MB以上

…となります。こちらは推奨環境ではなく最低限の動作環境となりますのでメモリは2GB以上、メモリもそれ以上あると良いです。

対応はWinのみのようでMacでの使用は出来ないのでご注意下さい。

 

ダウンロード版のみでの販売となっていますが…1ダウンロードの代金が5400円となっています。

↓↓↓↓↓↓↓↓
イラスト・マンガ学科あります【アミューズメントメディア】

スポンサーリンク

クリスタや他の有料ツールは万単位での金額になる中、SAIはペイントツールとして安価な上に使用期間は無制限で使用出来るのでかなりお得です。

現在リリースされているのはSAIのみですが現在制作中のSAI2も同じ価格になるようです。

 

SAIのメリット、デメリット

 さて、安価で手に入るSAIなのですが…どんなソフトなのでしょうか?お金を出したのみ無料ダウンロード出来るソフトと大差が無いでは嫌ですしね。

 

SAIは公式サイトにてダウンロードが出来ます。その前に30日間の無料お試しも出来ます。

まず、お試しで使用してみた後購入を決めるという形が一番良いと思います。リリースされた当初はお試しで使用→是非購入!!という人が殆どでしたし現在もSAIをメインに使用している絵描きさんも多くいらっしゃいます。

 

理由としては、最低限の動作環境で使用が出来る為に処理が軽い、複雑な動作が無い為に初心者でも扱い易いという声がありました。

 

そして、「線」が他のデジタルツールよりも滑らかに引ける、綺麗に出来る。ペンツールが豊富と「線」に関して特化しているのが人気の理由として上げられていました。

クリスタ同様線調整のできるベクターレイヤーのような機能がありますが…クリスタはベクターの使用を重ねると徐々に処理が重くなっていくのに対してSAIは元々処理が軽いソフトなので重くなる事もあまり無いようです。

 

SAIからクリスタに移行した人もSAIのブラシを再現しようと設定をカスタマイズしている人がいる位、ブラシの人気が凄いです。

ペイントツールですので着色、フィルター、合成モードのしようも可能ですのでデジタルでのイラストを作成する際の要素はしっかりと搭載されております。

 

ですが、SAIの段階で出来ない事も多々あります。

 

まずは、使用頻度が高い機能「グラデーション」の作成ツールが無いのでグラデーションを作成する場合はブラシを使用するしか無い。

文字機能が無いので漫画等の「写植」が出来ない等多少不自由な面があります。

 

そして、完全にイラスト作成に向いたツールなのでフォトショのように「写真の加工」には向いていません。これはクリスタもですが…

 

SAI2ではそこは改良されると思いますが現時点では出来ません。他にはデメリットらしいデメリットは、ありませんでした。

使用した人達の感想を見てみると「塗り」もクリスタやフォトショには劣る面もあるようですが…ココは個人差かなと思いました。

 

【SAI】こんな使用方法

文字機能が使えない、グラデーションが使用できない…ですが不自由かもしれませんが…SAIは先程も述べた通り「線」を作成する事に特化したツールですのでSAIと他のソフトを併用して使用という使い方をする人が多いです。

 

イラストの線画までをSAIその後の処理を別ソフト(特にフォトショとの併用が多いようです)という使い方をしている人が多い印象があります

 

出来ない部分をカバーして使用して行くという使い方も良いですね。

ペイントツールSAI 公式ガイド (100%ムックシリーズ)

 

 

クリップスタジオの他によく使用されるのは?ペイントツールSAIについて。まとめ

私も使用PCがXPだった頃に少しだけ使用していた期間があります。

XP終了し7に移行した時にシリアル番号を無くし再ダウンロードをしていない…という事態に陥っていますので、大事なモノは色々控えて置いた方が良いですね。

 

当時はデジタルでのイラストは殆ど描いていなかったので、詳しい機能には触れないままでしたが…今使用したら結構感想は違ったかもしれませんね。

 

ここまでお付き合いありがとうございました。

ペイントツールSAI 公式ガイド (100%ムックシリーズ)

 



↓↓↓↓↓↓↓↓
イラスト・マンガ学科あります【アミューズメントメディア】

↓あなたの特技を活かしませんか?
お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

★ヒューマンアカデミー★
※イラスト・キャラクターデザイン講座あります☝︎

☆ゲーム用パソコンならドスパラ!☆

↓↓↓↓↓↓↓↓
イラスト・マンガ学科あります【アミューズメントメディア】

スポンサーリンク