スポンサーリンク

夏を現わす花と言えば?で真っ先に思い浮かぶ花は何でしょうか?グリーンカーテンにも出来、小学生の頃であれば観察の為に夏休み中に育てる「朝顔」もありますが…

やはり、サンフラワー(太陽の花)とも呼ばれる黄色く大輪を咲かせる「向日葵」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 

明るい黄色、背が高く、更に花も大きく存在感のある向日葵、夏のイラストを描くのであれば描きたいモチーフですね!!

 

ですが、向日葵も結構難しいのでは??と思ってしまう方は多いと思います。向日葵は存在感のあるお花ですので特徴もしっかりとしているので押さえる所を押さえれば簡単に描く事が出来ます。

ですので、一緒に向日葵を描いてみましょう!!お付き合いの程をお願い致します!!

 

 

円で向日葵を

向日葵を描いてみましょう。向日葵はサンフラワーと呼ばれるように太陽のようなお花です。そこを考えると大きな丸というイメージに繋がりませんか?

ですので、アタリも大きな丸…ようするに円を描きます。

 そして、花弁や他のパーツを詰め込む為に配置を決めましょう。中心に十字の等分を描きバランス良く円の中に円を描き入れます。

その円と円の間に花弁が入を入れると綺麗に向日葵を描く事が出来ると思います。

では花弁を入れて行きましょう。十字線のアタリで四方にまず花弁を配置します。

次に×を入れてまた花弁を入れて行きます。

スポンサーリンク

後は、花弁の間、間に敷き詰めるように花弁を描き入れて隙間を埋めて行きます。太陽の形…のようなイメージで描いて行くと良いかもしれません。

花弁が終わったら次は種が出来る場所ですね。広々とした円に更に円を入れます。ドーナツを入れるイメージでしょうかね??

終わりましたら、ドーナツ部分はすこしフサフサさせ、真ん中の丸は塗り潰す、濃い色を入れて上げて花部分は出来上がりです。

この部分には種が詰まっていきます。描き方としては他にメロンパンのような格子状の模様を入れて上げる描き方もあります。

更にイラストタッチにしたい場合はそちらでも良いと思います。

 

茎と葉っぱは?

次に、葉っぱと茎ですね。こちらも特徴的なので簡単に描けると思います。

大きな花に対して茎も太いです。向日葵は一輪咲きで咲く場合が多いので花に対して一本の茎で大丈夫だと思います(時々二輪だったりもしますが)

そして太い茎に対して葉っぱも大きいです。大きいので重力に負けて垂れていますがその垂れている状態が❤のようですのでそのイメージで入れて上げると良いかもしれませんね!!

 

そうして向日葵が出来上がりました。今まで描いてきた花の中で個人的には一番楽にそしてその花らしく描けたと思います。

 

向日葵は大きな円、花弁が同じ幅で均等に敷き詰まっている、そして茎も葉っぱも大きいというのが特徴ですのでその部分を意識すると良いかもしれません。

後は、太陽を描くつもりで描くと上手く描ける気がします。

 

 

更に簡単に

 

 

向日葵の描き方押さえながら大きな円、均等な幅で敷き詰まる花弁、そして簡単にメロンパンのような格子状の模様…と意識するとクリスタのツールでもそれらしく描く事が出来ます。

手描きでもあまり気を貼らないで描けますしツールを使用してもそれらしく描けるのでお手軽、と言っては失礼かもしれませんが、難易度は低めな花だと思います。

 

クリップスタジオのスタンプにも向日葵はありますので活用しても良いかなと思います。

 

まとめ

花を描く場合には基本的に円や丸と意識すると描き易いと思っているのですが、向日葵やコスモスのように咲いた状態でも綺麗な円の状態になる花は薔薇や菊のように花弁が多い花より描き易く気軽に付き合える花だと思います。

 

ココまでお付き合い頂きありがとうございました!!



萌え絵の描き方はこちら

↓あなたの特技を活かしませんか?
お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

★ヒューマンアカデミー★
※イラスト・キャラクターデザイン講座あります☝︎

☆ゲーム用パソコンならドスパラ!☆

スポンサーリンク