↓↓↓↓↓↓↓↓
イラスト・マンガ学科あります【アミューズメントメディア】

スポンサーリンク

クリップスタジオにて絵を描くレイヤーは2種類あります。

一つが基本的に多く使うであろう「ラスターレイヤー」そして、もう一つがフォントやトーンを使用する際に利用する「ベクターレイヤー

 

ラスターレイヤーは普通の設定で使用しますし特に身近なレイヤーというイメージがあります。

ベクターレイヤーは線単位で修正や編集が出来るので使いこなすと線画作成にとても向いているレイヤーと言われています。

 

今回はそんなベクターレイヤーとそのレイヤーを使用する際に大事な機能「オブジェクト」について見て行きたいと思います。

 

どうぞ、お付き合いをよろしくお願い致します。

 

オブジェクトとベクターレイヤー

まず、オブジェクトは操作ツールの中にあります。コレのみですと特に役には立ちません。

こちらはレイヤーを操作するツールですのでレイヤーがありませんと…そしてオブジェクトは「ベクターレイヤー」を操作するツールです。

 ですので、作成するレイヤーはラスターレイヤーではなくベクターレイヤーとなりますね。

ベクターレイヤーの表記はこのようになります。

 

何度かラスターレイヤーとベクターレイヤーには触れていますが…お浚いも兼ねて

ラスターレイヤーはドット上に描写されて塗りながら作業出来るレイヤーです。お手軽なのでコレのみと使用する人は多いと思います(私も線画もラスターで描いています)

ベクターレイヤーは↑を見ても解るようにポイントで表示されます。後ほど説明しますがこのポイントはオブジェクトで修正編集が出来るので線画も綺麗に作成できます。

ですが、クリップスタジオではまだ塗れる機能は実装されていないのでこちらのレイヤーでは塗りは出来ません。

正確には出来なくもありませんがポイントまみれになりその分重くなってしまいます。

 

まず、ラスターは塗り、ベクターは線という覚え方で良いかと思います。

 

どんな事が出来る

ベクターでさっと落書きをしてみましょう。塗りの際↑のように隙間があると塗れませんね…ラスターの場合コレに描き足し等々を行って隙間を塞ぎますが…

↓↓↓↓↓↓↓↓
イラスト・マンガ学科あります【アミューズメントメディア】

スポンサーリンク

ベクターではオブジェクトを使用して線自体の長さ修正が出来ます。線を繋ぐポイントをオブジェクトのカーソルで

 

伸ばす、縮める…という事が用意に出来ます。

 他にも、消しゴムツールのベクター用を使用して

消したい線を撫でるだけで

線自体を消す事が出来ます。細かい修正の為の消しは出来ませんが大まかに消す場合に便利ですので覚えていると良いと思います。

 他にも、こういった格子状の線を引いて端を消したい場合ベクター消しゴムで赤→のようになぞる様にするだけで中途半端なカ所を消す事が可能です。

 

更に、ラスターレイヤーですと選択→変形→適応の手順を踏む、拡大や縮小、変形等の操作がベクターですとオブジェクトで選択→カーソルで操作のみの手順になりますので便利です。

 

定規を使って描いてみよう

オブジェクトで容易に変形等が使える利点を生かして出来る事は様々あります。

例えば、苦手な人はとことん苦手(私とか)なパース定規を使用した絵…まず簡単に建物を描いて見ます。

 そしたら、レイヤー→定規でパース定規を使い導線を引きます。

そして、導線に沿って長方形ツールで四角を描きオブジェクトで変形をして建物を組み立てると簡単にパースを使った建物を描く事が出来ます。下描き様のアタリを作成して上からラスターレイヤーでペン入れをしてもいいですしそのまま線画に使用しても良いと思います。

個人的にはクリップスタジオでのパース定規機能が苦手な身ですのでこの作業が簡単に出来るのは嬉しいですね。

 

後はコレに別レイヤーを作成して描き込み、ラスターレイヤーで塗る…とこうなります。

 

便利と言え苦手な機能も多々ありますが、このように別機能で補えるというのは嬉しいですので、諦めずにドンドン触っていくのは大事だと思いました。

 

まとめ

この2つのレイヤーやオブジェクトは便利ですが得意不得意があると思います。コレはアナログでも画材の得意不得意に近いモノだと思いますので仕方ありません。

 

ですが、まず触ってみて生かせる所を生かしていく…というのも良いかなと思います。

 

ココまでお付き合いありがとうございました!!



↓↓↓↓↓↓↓↓
イラスト・マンガ学科あります【アミューズメントメディア】

↓あなたの特技を活かしませんか?
お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

★ヒューマンアカデミー★
※イラスト・キャラクターデザイン講座あります☝︎

☆ゲーム用パソコンならドスパラ!☆

ココナラ でイラストを依頼する

↓↓↓↓↓↓↓↓
イラスト・マンガ学科あります【アミューズメントメディア】

スポンサーリンク